公的保険がわかれば無駄な保険がわかる

Uncategorized

みなさん
こんにちは!なおちゃんです

今回は、よく知らないけど知っておきたいシリーズ。

公的医療保険についてお話していきたいと思います

『内容が固そうなので離脱しまーす』

そんな声も聞こえてきそうですねww

ですが、資産形成においても保険の知識は非常に重要です。

今回、このような記事をなぜ書こうかと、思ったか?それは、

『公的保険は優秀、でも一体どんなリスクをカバーしてくれるの?』

と公的保険を正しく理解しないまま、民間保険を選んでいる人が多かったからです。

公的保険は国の制度です。これまでにも何回も見直され制度も変わっています。

これからの時代、少子高齢化に伴い財源の確保が難しくなるため、

制度も目まぐるしく変化することが予想できます。

正しく知っておくことで、最大限活用できる術にもなります。。

今回の記事でわかること

・公的保険について

・万が一の正しい備え方

・入るべき3つ民間保険

 

今回の記事を見ることで、正しくリスクに備え、

無駄な保険を見直せるきっかけにもなると思います

目次

 

公的保険を正しく知る

結論、社会保険を使い、社会保険でカバーできない分は民間保険で補うのが基本戦略です。

普段から使う、健康保険証ですが病気やケガで治療を受けたとき、

医療費が安くすむのは国の優秀な制度のおかげです。

例えば:盲腸の手術、治療費を諸外国と比べた時

日本の場合、公的保険なしでは約45万⇒3割負担が適用⇒約15万

アメリカで受けた場合。100万、高いところでは300万を超えることもあります。

 

これだけ見ても、日本が平等に治療を受けられる恵まれた国だということがわかります。

それでは早速、

公的保険の種類とどんなリスクをカバーしてくれるのか?一緒に見ていきましょう。

公的医療保険の種類

病気やケガ、入院など万が一のときに保障してくれる保険制度が公的医療保険です。

日本では、すべての国民がこの公的医療保険に加入することになっています。

この誰でも平等にという理念でつくられた公的保険は、

働き方や年齢によって保険の種類が違います。

医療費の負担は原則3割の自己負担です。

医療費が高額になった場合は負担を軽減する仕組みがあります(高額療養費制度)。

それも、のちほど説明しますね。

公的保険がカバーしてくれるリスク

公的保険は主に5つで構成されています。あらゆるリスクに対処してくれます。

生活の基盤がひっくり返るほどの出来事が起きた時に、

必要最低限で保証してくれるのが公的保険です。

これだけでも、リスクに対する備えが充実していることがわかります。

高額療養費制度

高額療養費制度とは、同じ月にかかった医療費の自己負担額が高額になった場合に、

自己負担限度額を超えた分が後で払い戻される制度です。

具体的な数字を見てみましょう。

ここで注意点があって、
この高額療養費制度は、自分で申請しないともらえないということです。

申請方法は2つあります。

➀医療費を一度支払った後に健康保険に請求する方法

➁あらかじめ自己負担限度額を超えることがわかっている場合は、

加入している健康保険に、事前に申請し『限度額適用認定書』をもらい病院窓口で払う。

 

それぞれ、このような2種類の方法があります。

実際、これを知っているかいないかで家計へのダメージは大きく軽減できます。

お得情報
世帯合算

仮に一人が、高額療養費の自己負担限度額に到達しなくても、世帯の中で病気やケガで

受診した料金を合算することで、高額療養費の支給を受けられる。

(注意:ただし同じ医療保険に加入している人)

例え:父(健康保険)祖父(後期高齢者医療制度)母(健康保険)だと、

父と母の保険で合算できます。

 

対象にならない医療

公的医療保険が優秀だからと言ってすべてをカバーしてくれるとは限りません。

カバーできない医療は以下の通りです。

カバーできないもの…

・先進医療・治療以外の医療行為(美容整形・レーシックなど)

・保険対象外の医薬品(認知症の新薬アデュカヌマブ等)

・病院の個室

 

健康保険の理念『必要最小限』という言葉からわかる通りこういった医療やサービスは、

保障の対象にはならないことも知っておきましょう。

次は民間保険について触れていきます。

民間保険について

民間保険の基本的な仕組みは、病気による手術や入院費用のリスクに備えるためのものです。

支給された際には、医療費以外でいわゆる雑費でお金を使う事も出来ます。

正しく知る

民間保険はたくさんの種類がありますが、保険に入る前の重要なポイントがあります。

・それがいつ利用できて?

・いくらもらえるのか?

ということです。

病気やケガで治療が必要となった時に公的保険から給付金がありますが、

病気や障害の重症度によって入院が長引く場合があります。

そうなると想定以上に費用がかさむ場合があるので、必要な時に使えない保険では、

病気になるリスクが少ないにも関わらず、保険料を取られ続けることになります。

正しく使う

人生はすごろくのようなものです。時に、起きてほしくない大きなトラブルが起きます。

『起こる確率は低いのに起きると損失は大きい』そんなトラブルに備えて、

保険に入る必要があります。

日本国内で保険を取り扱っている生命保険の会社は約40社。

そんな、保険ビジネスをやることで手元には年間3.8兆円ほどの利益を出しています。

それが、自分にとって必要か必要じゃないかは、不安を前提に考えるのではなく、

客観的に理性で判断する必要があります。

入るべき保険3つ

その3つとは、

生命保険・火災保険・自動車保険です。

解説していきます。

生命保険

家族がいる場合、遺族が生活で困らないように入っておきましょう。

私が、生命保険を選んだ時のポイントは、同じ保証額なら保険料は安いところでした。

なお生命保険の種類によって、優良体、いわゆる非喫煙者やBMIの数字によっても

保険料は安くなる場合があります。

知っておきたい情報
団体信用生命保険

住宅ローン契約時に加入していれば、加入者が万が一死亡・高度障害になった場合、

ローンの支払いがなくなります。

 

火災保険

家を借りる時にほとんどの人が加入するのが「火災保険」です。

業者によっては、割高な保険料もあるので注意が必要です。

知っておきたい情報

火災保険は義務付けられていても会社までは指定できない事になっています。

割高な保険料を支払わないように、交渉してみましょう。

また、火災保険の中にいざっていう時の便利な制度があります。

借家人賠償保障

借りている部屋に損害を与えてしまった場合に、

部屋を回復させるための費用を補償してくれるものです。

条件1:偶然の事故であること

(こどもが目を放した際、ドアにぶつかりガラスを割った等)

条件2:遅滞しないこと

(損傷した時にすぐ保険会社に問い合わせ)

 

自動車保険(対人対物無制限)

もしもの事故が起きた場合、巨額の賠償金が必要になります。

過去の事例を見てみましょう。

損害保険料率算出機構 「自動車保険の概要」2020年度

限度額が無制限じゃないと到底払えないことがわかります。
相手、自分のためにも必ず必要になる保険なので入っておきましょう。

まとめ:保険は最小限

保険の本質は出来るだけ入らないようにすることです。

不安だからと言って、生活を圧迫するような保険の入り方はナンセンスです。

保険はリスクに対処する選択肢の一つにしかすぎません。

少し濃い内容にはなりましたが、資産運用をする中で保険は金食い虫になります。

公的保険を正しく理解し、大きなスクを3つの民間保険で補うことが出来れば、

資産の増え方も違ってきます。保険の利用は、シンプルイズベストです。

このような、金融知識の共有や目標に向かう人を応援するための、

無料コミュニティも運営してます。

興味のある方は是非、TwitterのDMなどでお問い合わせください!

最後までみてくださり、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました